ブログトップ

THE ROYAL FAMILY French bulldog breeder 

フレンチブルドッグ 素敵なOwner様決定(^_-)-☆

いゃー12月も後半に向かってます!
来週はクリスマス、そして御用納め、お正月・・・

元気ですか~~~??
元気があれば何でもできる!!
1.2.3だぁ~~~で全開バリバリ166.png166.png166.png

皆様も師走を疾走してくだせさいませ!!


我家は、12月末にクロアチアから Mucekが来日する為
その手続き関係でお相手のブリーダー様と
慣れない英語を駆使して、最終調整段階です。


e0075412_16441581.jpg


父親C. I. B., multi CH, CH-G, Multi JCH Talauri Billy Elliot


e0075412_20453503.jpg

素晴らしいDNAを受け継ぎ、来年はこの子の子供に期待です!!




さて、先週末ご見学に来られたOwner様が
光栄にも我家の子供を気に入ってくださり
素敵なOwner様の下へ嫁ぐことが決まりました(^_-)-☆
e0075412_20475734.jpg
Owner様は、今年8月13歳で愛犬のボストンテリアに旅立たれ
お別れの辛さを実感されました。
そして多頭飼いの大変さを経験しながらも、
それ以上に得たものの多くに
感謝の気持ちでいっぱいですと
独り残されたフレンチの為に
今回二頭目となるフレンチを迎えて頂く運びとなりました。


我家では、二頭目を迎えるときに考えること、

「先住犬と相性が合うか」ですが、、、


ワンちゃん同士の相性は実際に暮らしてみないと

解らない事も多々あると思います。


仲を深めていく子達や、人間の思いに反して

相性が悪くなってしまう子達などおり、

「慣れれば絶対大丈夫ですよ。」など

無責任なセールストークを私共は言いたくありません。

「新しくこの子を迎えたい」「二頭が仲良くなれなくても、決して後悔しない」

「例え愛犬達に何か問題があっても克服する」との強い意志と愛情があってこそ

多頭飼いのメリット、デメリットを受け入れられると思います。

我が家は産まれたときから、

我が家を巣立つまで幼少期の社会化を大事にし、

心身ともに健康な子の育成に努力をしておりますため、

先住犬がいるお家の環境にも慣れ、

仲良く過ごされているオーナー様が多くいらっしゃいます。


上記の様な内容をお話しさせて頂き、

大変な時期もあったけど、

それでも、おじいちゃん犬とフレンチが仲良く暮らす

楽しい最期の2年の幸せな時を過ごせたと

強い意志を持ってお迎えして頂けることとなりました。



子犬との出会いは、突然・必然的に訪れます!!

それは、昔から赤い糸で結ばれていたかの様に・・・





e0075412_21062180.jpg
独り残されたフレンチの姉妹として選ばれたこは
8月4日生まれの一頭だけ女の子で生まれ
超ー小振りな女の子に育ちましたが
食欲は旺盛で、トイレは外さない賢い頼もしい女の子です。


お名前は「エマ」ちゃんと命名され
1月下旬にお迎え予定です!!


例年、この時期は新年を新しい家族を向かえ過ごそうと
素敵な出会いが多く訪れます。

今月に入り、既に三組目のOwner様が決まりましたが
今、残っている雄は、超~カッコイイ雄が大勢います。


一押しは、5月2日生まれのバッカスくんとバディーくん
BBコンビは、一際体格がよく
ひときわ目をひくハンサムです。


バッカス

e0075412_21153270.jpg


バディー



e0075412_21215442.jpg

この子達の父親は、ヨーロッパ最高峰犬舎デラパルーラのマルチチャンピオン
ゲランデラパルーラとヨーロッパ最高峰ドッグショークラフツ2015制覇犬の息子
「バルー」が父親で、血統も申し分ありません。


e0075412_21263000.jpg

血は走ると申しますが、凄く恰好いい成犬に成長すると思います。


この子達に興味のある方は
ご自身への、ご家族へのクリスマスプレゼントに
是非、ご家族に迎えて頂ければ幸いです!!


e0075412_16571719.jpg

今年も大変皆様にはお世話になりました。
来年も益々精進して参りますので
引き続き、パシオンソレイユケネルを
ご贔屓の程、よろしくお願い致します!!

トラックバックURL : https://theroyal.exblog.jp/tb/27717821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tomomi_kumon | 2018-12-18 21:33 | Trackback | Comments(0)